恋人を伴って旅に出よう!

≪ドライブ旅行で気を付けたいこと~女性編~≫

恋人との旅行は楽しいものですね。普段はなかなか見られない景色に至れり尽くせりの旅館、ホテル。そこでしか味わえないグルメなど、楽しみは盛りだくさん。しかし一方で長い移動にたくさんの荷物。交通手段によっては時間が制限されてしまうことも多いため、トラブルの種も少なくありません。

とくにトラブルになりやすいのが、ドライブ旅行。飛行機や新幹線のようにチケットをとる必要もないですし、時間を気にする必要もなし。旅行先での移動もラクになり、とても便利ですね。しかし長い間密室に2人だけということで、トラブルにもなりやすくなります。

≪助手席に座るなら、ここに気をつけよう≫

カップルが車で旅行に行く場合、運転するのは大抵男性のはず。そうすると女性は助手席になるわけですが、より楽しくドライブしたいならココに気を付けてみましょう。

・運転に集中させてあげよう
運転中は基本的に前方から目を離すことはできません。そのため運転中に飲み物やタバコなどをとるとき、モタつきやすくなります。そんなとき、助手席の女性がさり気なく渡してくれるととても嬉しいそう。ほかにも音楽やラジオやエアコンなど、運転以外の細々としたことはできるだけやってあげられればベスト。また、運転に不慣れな男性だと車線変更や合流のとき、話しかけられたりすると気が散ってうまくできないことも少なくありません。より集中しなければならないシーンでは静かにしておくのがおすすめです。

・眠気覚ましを用意しておこう
どんなにしっかり寝ておいても、長時間運転しているとどうしても眠くなってきてしまいます。そんなときのためガムやドリンクなど、眠気覚ましグッズを用意しておくのがおすすめ。もちろん自分自身が眠くなってしまったときにも使えますので、少し多めに用意しておくといいでしょう。

・休憩をとる場所は早めに決めておこう
メイクの崩れや汗のニオイ対策など、男性と近い距離にいることの多いドライブ中、女性が気になることはたくさんあります。どうしても小まめに休憩をとって対策をしたいと思うところですね。ですがドライブの大敵、渋滞は案外時間にシビア。ほんの数十分時間がずれるだけで渋滞にハマってしまうことも珍しくありません。そんなギリギリなタイミングでいきなり「休憩したい」といわれてしまうと、いい気分はしませんね。そんな無駄なトラブルを避けるためには、休憩したい場所を彼に伝えておきましょう。1時間走ったら休憩、のような時間で区切る方法もアリ。適度な休憩は運転する彼のリフレッシュにもなります。

・できるだけ寝ないように
運転手からもっとも嫌がられるといってもおかしくない行動が、やっぱり寝てしまうこと。できるだけ寝ないようにするのは、助手席に座る女性の最大のミッションともいえるでしょう。眠気覚ましのためのガムやキャンディを用意しておくなど、対策は忘れないように。

≪運転が彼で当たり前だと思わない≫

ドライブでトラブルにならないようにするには、彼が運転するのが当たり前だと思わないこと。もちろんカップルで旅行に行く場合、運転担当は男性のことがほとんどです。免許を持っていても運転が苦手、という女性の方が多いので自然なことでしょう。

ただ運転は思いのほか疲れるもの。自分以外の人を乗せているなら事故をしないよう、気を張って運転しているかもしれません。そんななか、運転してもらうのが当たり前、といわんばかりの態度をとられてしまうといい気はしないでしょう。助手席に座るなら、できるだけ彼を気遣うようにしてください。「運転お疲れ様」という言葉をかけるだけでもかなり印象が違います。また運転できるなら短時間でも運転を代わってあげるのもいいでしょう。

さらに車で行くならば必要なガソリン代も出してもらって当たり前、という態度はNG。半額は基本的に出すようにしてください。彼が断わるようならば、食事をごちそうするなど別のかたちでお礼するようにするのがおすすめ。普段車を運転しないとガソリン代を忘れがちなので、ぜひ気に留めておいてください。

旅行は楽しい反面、本当に些細なことでトラブルになり、そのまま関係が悪化するきっかけにもなります。とくに長いドライブ中は、要注意。ちょっとした気遣いでそうしたトラブルを防げるかもしれません。