疲れを残さないためにしておきたいこと

一度でも旅行をしたことがあるならばお分かりかと思いますが、旅というのはたとえ一泊二日でも体力をかなり消耗しますよね。一人でも疲れるというのに、二人では気づかないうちに気苦労もあって、精神的にも思いのほか疲労しているものなのです。そうした疲れを残さず、翌日も計画通り旅行を楽しむためにもしっかりと休む技術を身につけましょう。

旅行って思いのほか疲れるもの

旅にも色々な形がありますが、どれもこれも実際には楽しさ以上に疲労が溜まるものです。特に温泉地などを旅する場合には、長距離を歩かされる可能性があります。バス停から旅館まで1キロ2キロなんてことは少なくないのです。また、観光地を巡るにしても規模によって、回る場所の数によってかなりの距離を歩くことでしょう。人気のお店で並ぶことだって珍しくはありません。
旅行は楽しいだけでなく疲れるもの、休める時にしっかりと休んでおかないといけません。

温泉でしっかりと疲れを癒す

温泉旅館であれば、ゆっくりとお湯に浸かって体を休めるようにしましょう。お湯の温かさや成分によって血行が促進され、老廃物の排出が促されます。また、肩まで浸かる人が多いですが疲れを癒すためには半身浴くらいの方が良い場合もあります。むくみによって血流が非常に悪くなっていますので短時間の入浴では疲れを取りきれないことがあります。半身浴であれば長風呂することができますのでじっくりと血行を促進させることができ、乳酸排出にはいいのです。
入浴中にマッサージをするとより疲労を取りやすくなります。特に旅行中は歩き回りますから足の疲れは半端ではないはずです。足の裏やふくらはぎ、膝の裏などリンパの流れを意識しながら揉み解してみてください。

エッチの時は…ちょっと頑張ってみましょう

疲れをとるためには睡眠が一番ではありますが、せっかくカップルで旅行に来たのにセックスもせずに寝るのはもったいない気がしますよね。どうしても疲れてしまって、バタンキュー状態ならば仕方ありませんが、ムラムラできる程度であればぜひエッチをしましょう。
とはいえ、疲れていると人によっては勃起が不十分になってしまうこともあります。温泉に入って体を温め、股間付近をマッサージすることで多少は勃ちやすくなりますが、あくまでも応急処置でしかありません。特にEDを抱えている場合には事前に治療薬を服用しておいた方が良いでしょう。シアリスであれば効果が最大36時間と長く続きます。旅行前に服用しても一泊二日くらいまでなら勃起のサポート力を得ることができるでしょう。もちろん即効性のあるバイアグラを行為の前に服用しても構いません。旅行の計画や自分に合うかどうかで決めてみると良いのではないでしょうか。