すぐそこにある関東の温泉街

風光明媚な温泉街を持つ、というイメージがあまりない関東の県。しかし、箱根温泉をはじめとし、意外にも身近に温泉街は密集しています。遠方の名湯に思いをはせるばかりでなく、神奈川や群馬や栃木にも目を向けてみませんか?

都会的な印象が強すぎて、どうにもネイチャー系の観光には向かないと考えてしまいがちな関東地方。しかし、郊外に出れば意外にも豊かな自然が残っている地帯もあります。全国的に知られる名湯も点在しており、湯巡りの旅にはぴったりです。

すぐそこにある箱根温泉

全国的に有名な温泉地・箱根は、神奈川県に位置しています。都心からそう離れているわけでもなく、思い立ったときに車を飛ばしてお湯に浸かりにいく人も多いようです。

箱根温泉の歴史は、800年以上に及びます。古くから湯治場として親しまれ、数多くの人々の体を癒してきました。有名な童話「金太郎」の母が子どもの眼病をここで治したという伝説から、ある温泉のお湯は現在でも目の病に効くと言われています。

入浴のついでに、芦ノ湖のクルージングや美術館巡りをしても良いでしょう。東京から車でおよそ1時間の場所で、豊かな自然と文化に触れ合うことができます。

群馬にも草津がある!

何も特徴がない、と言われがちな群馬県ですが、そんなことはありません。かの草津温泉は、群馬県に所在しています。日本でも有数の名湯として名高く、たくさんの観光客が集まり、常に盛況を呈しています。ここまで活気がある温泉街も、全国であまり多くないかもしれません。宿・旅館や土産物店も数多く立ち並び、見応え、遊び応えがあります。

草津の温泉は殺菌力が強い、と評判で、怪我や病気で悩む人も多く訪れます。若いカップルで行っても、温泉街独特の「寂しさ」を味わうことがない、楽しい温泉です。

自然も魅力の鬼怒川温泉

栃木の温泉街と言えば、やはり鬼怒川温泉でしょう。鬼怒川渓谷沿いにホテル・旅館が立ち並び、大型の温泉街を形成しています。実は江戸時代にはそれなりの位にある者しか利用できなかったそうですが、明治以降、現代まで一般の人にも広く開放されています。アルカリ性のお湯が体に優しく、疲労を回復させてくれると評判の温泉です。

関東にお住まいの人は、ついつい温泉と言うと、由布院や登別などを思い浮かべてしまいがちです。しかし、近隣にも意外に豊かな温泉街があるものです。あまり遠くの場所に心をときめせるばかりでなく、身近な温泉街にも目を向けてみませんか?