恋人を伴って旅に出よう!

≪実はココも!?魅力は無限大の栃木県≫

栃木県といえば有名な東照宮がある日光市を始め宇都宮餃子など、多くの魅力を持つ栃木県ですが全国魅力度ランキングでは下位グループに甘んじています。多くの魅力を持つのに、どうしてなのでしょうか。その理由のひとつが、人気の観光スポットにも関わらず、栃木県だと知られていない場所が多いということ。知れば知るほど行きたくなる、栃木県へ足を運んでみましょう。

≪ココも!?実は栃木県なのです≫

栃木県の観光スポットといえば、みなさんはどこを思い浮かべるでしょうか。多くの人がまず思い浮かべるのは、やはり修学旅行でもなじみ深い東照宮のある日光でしょう。歴史的価値はもちろんのこと、それぞれに刻まれた豪華な装飾は1日中見ていても飽きません。さらに奥日光の湿地はラムサール条約湿地に登録されるほど自然が豊かで、華厳の滝もあります。そしてグルメといえば宇都宮餃子ですね。

ただそれだけ、と思っている人も案外多いのではないでしょうか。実は温泉地として有名な那須塩原や鬼怒川も栃木県です。那須といえば皇室の方々がご静養に訪れる那須御用邸もある、有名な避暑地。那須高原やアウトレットモール、茄子どうぶつ王国など温泉以外の観光スポットも豊富ですね。さらに日本最古の学校といわれる足利学校や日本三大戒壇のひとつ、下野薬師寺など東照宮以外の歴史的建造物も多いです。また良質な水に恵まれているためシコシコの麺が特徴の佐野ラーメンやそばなども名産品のひとつ。それに京都のものと製造方法が違うため一味違った食感が楽しめる、日光の湯波も人気。京都の湯葉は豆乳の表面に張った膜を一重で引き上げて頂きますが、日光の湯波は二重にして頂きます。京都のものよりも厚みがあり、濃厚な大豆の風味を楽しむことができます。京都のものとは違った湯波のおいしさを、ぜひ味わってみてください。

≪様々な映画のロケ地にもなっている≫

海こそないものの、温泉地に高原、湿地など様々な地形がある栃木県。東京からほど近いということもあり、様々な映画やドラマ、TVCMのロケ地としても使われています。

例えばその名前の通り、今までとは一線を画す姿が話題となった「シン・ゴジラ」も栃木県内でロケが行われました。ほかにも「帝一の國」や「相棒 劇場版Ⅳ」、「ちはやふる」などなど。「シン・ゴジラ」ではゴジラの出現によって人々が逃げ惑うシーンの舞台となったり、栃木県庁舎が首相官邸という設定で撮影が行われたそうです。栃木県庁舎はこれだけでなく、様々な映画やドラマでロケが行われている場所のようですので、足を運んでみるとおもしろいでしょう。また栃木県庁舎は県民たちの憩いの場として利用されることが多く、2017年現在県内でもっとも高い建物でもあります。そのため庁舎内の15階が360度見渡せる展望台となっているそう。県内を一望でき、同じフロアには日本料理店もあり。夜には夜景を眺めながら食事を楽しむことができる、人気のスポットとなっています。庁舎というと様々な手続きで訪れる場所というイメージですが、栃木県庁は一味違うようですね。

このように、栃木県には人気なのにそこが栃木県だと認識されていないスポットが案外多いようです。もちろんご存知の人も多いでしょうが、あるテレビ番組が調査したところによるとインタビューした4割ほどの人が那須や鬼怒川を栃木県だと認識していなかった、という結果も出ています。もちろん知らない人の割合が多い段階でインタビューを打ち切ったという可能性もありますが、ここまで多くの観光スポットがあるにもかかわらず魅力度ランキングがふるわない理由のひとつかもしれませんね。ただ栃木県は東京と比べると面積が広いため、南側の宇都宮地域から北側の那須地域まで移動するのにそこそこの時間がかかります。足を運ぶ際は移動時間も考えて巡る場所を決めるのがおすすめです。