相手に嫌われないために覚えておきたいマナーとエチケット

これまでの日常の中でのお付き合いと違って、旅行中にはお互いに色々な発見があることでしょう。頼りがいのある彼の姿に惚れ直したり、彼女の明るく屈託のない笑顔に惚れ直したり、お互いのちょっとした気遣いに心癒されたりするはずです。もちろん発見できるのは良いところばかりとは言えません。旅行中ずっと一緒に過ごしていると、ちょっとした仕草やクセが気になることもあることでしょう。育ってきた環境が違えば嫌な面も見えてしまうのも当然ですが、なるべく嫌な気持ちにならないようにするのも大人のマナーなのではないでしょうか。

移動中、気になるのはこの荷物

一般的な話で言うと、女性は男性よりも荷物が多くなりがちです。旅行でもカバンが一回り大きいなんてことは珍しくありません。ですが稀に男の方が大荷物になってしまうなんてこともあるようです。女性からすると「いったい何を持ってきているの?」「移動に時間がかかりそう…」そんな不安・不満を抱かせてしまう要因になってしまうようです。
荷物を減らすのは旅行上手の嗜みと言えます。カップル旅行で女性に少しでもカッコイイところを見せたいと思うならば服を減らすなど全体量の削減に努めるようにしましょう。「俺のバッグ空いているから少し入れてあげるよ」といった荷物の余裕が心の余裕・カッコ良さに繋がります!

街ブラと旅行は似ているようで非なるもの

ぶらり旅も近年流行していますが、多くの人はちょっとだけ勘違いをしています。それは街中と旅行では全く違うということです。良く、テレビで街ブラをする番組が流れていますが、あの自由さとぶらり旅の気ままさというのはちょっと違います。
街ブラはあくまでも地域を限定していますし、商店街などを巡っていますので距離的にはそれほど歩いていません。しかし旅行では交通機関を使うにしても相当な距離を長時間かけて歩くことになります。履きなれない、歩きにくい靴を履いていると擦れてしまったり異常なむくみを起こしたりと足のトラブルに見舞われる可能性があります。
せっかくの旅もフットトラブルで中断となってはもったいないですよね。相手のことを思うのであれば自分の足を気遣ってオシャレさよりも歩きやすさを優先した靴を履くべきです。

大好きな人の食べ方が気になってしまう…

意外と気になってしまうのが相手の食事の仕方かもしれません。クチャクチャ音を立てるとか、箸の使い方がおかしいとか、意識しだすともう全てに対して注意をしたくなってしまいます。特に女性は汚らしいとかはしたないような行動にうるさいタイプが多いものです。一泊二日の旅行でも3食以上は一緒に食べることになるわけですから、神経質な女性は精神的にもたないかもしれません。
相手に不快な思いをさせるような食べ方はもちろんのこと、旅行の前に一度食事に関するマナーは見直した方が良いかもしれません。書籍でもいいですし、ネットにもグルメマナーについて詳しく書かれているところがありますので参考にしてみましょう。