人気は根強い!「君の名は」の舞台へ

2016年の夏に公開されるや否や一大ブームを巻き起こした「君の名は」。見ていない人は人生を損している、とまでいわれ、大ヒットを記録しましたね。アニメながら登場するキャラクターの心情が豊かに表現され、見るものをぐいぐいと映画の世界に引き込んでいきます。さらにこの映画を監督した新海誠氏は、映画に登場する風景にもこだわることで知れているそう。とくに今回の「君の名は」は大都会の東京と、田園風景が広がる田舎という相反する情景が本当に魅力的といわれています。

そんな情景に定評のある「君の名は」の世界。モデルになった場所を巡る、いわゆる聖地巡礼に出かけてみてはいかがでしょうか。

メインのモデルは東京と飛騨

この映画のメインの舞台となっているのは男子高校生が生活している東京と、女子高生が生活している岐阜県の飛騨です。ほかにも劇中には名古屋駅や広島にある高校なども登場しますが、巡礼するほどの数はないので、足を運ぶなら飛騨がおすすめ。今回は飛騨を中心に紹介していきます。

・飛騨市図書館
劇中で名前を調べるために使われた図書館のモデル、といわれている場所です。かなり忠実に再現されていて、まさにココ!といった感じ。劇中でもかなり重要なシーンで登場した場所ということもあり、聖地巡礼には欠かせない場所となるでしょう。公開後、連日のように多くのファンが詰めかけているようです。

ただあくまで市民のための図書館。巡礼の際はマナーを守り、図書館であることを忘れずに行動するようにしましょう。また図書館側は、巡礼者に対しかなり柔軟な対応をとってくれていることでも話題。図書館内でありながら、条件さえ守れば撮影やツイッターなどSNSへの投稿もOKとのこと。もちろんできるだけ静かに、という最低限のマナーは必要ですが巡礼者にやさしい場所となっています。

・飛騨古川町
田舎の女子高生が住んでいる、糸守町という町はあくまで架空。しかしモデルは飛騨地方の山奥といわれています。なかでも飛騨古川町は劇中の風景によく似ている、ともっぱらの話題。飛騨古川町内を散策していると、本当に雰囲気がよく似ているそうです。もちろん、モデルではなくとも自然豊かで素敵な町。映画の雰囲気に浸りつつ、散策してみてはいかがでしょうか。

・諏訪湖
劇中で登場した架空の湖、糸森湖のモデルとなった場所です。住所としては岐阜県の飛騨ではなく、長野県となりますが見晴らしがよく、絶景が見られる場所なのだそう。もともと観光スポットとして知られている場所ですので、遊覧船やボートや温泉施設などもあります。さらに水陸両用バスを使って諏訪湖を観光できる、諏訪湖探検ダックツアーも人気なのだとか。毎年6月~9月のあいだには高原植物も見頃を迎え、華やかな景色も楽しめます。

ほかにも飛騨古川駅やその駅前、角川近くのバス停に気多若宮神社などもモデルになった場所だといわれています。ぜひ足を運んでみてください。

人気の聖地巡礼、マナーも大事

かつてはマイナーだった聖地巡礼ですが、現在では国内外から多くの人が様々なアニメやドラマのモデルとなった場所を求めて足を運ぶようになりました。今まであまり注目されなかった場所に観光客が訪れるようになり、それぞれの地域が活性化するいい機会にもなっているのですが、一方で巡礼者たちのマナーの悪さが指摘されることも増えているよう。

例えば図書館のような、普通なら騒いではいけない場所で騒いでしまう。民家や線路といった、入ってはいけないところに入ってしまう、撮影禁止の場所で撮影をするなど。聖地巡礼が悪いことではないですが、するならばマナーを守り、その場所が提示するルールにのっとって巡礼を行うようにしてください。また地元の人たちの生活に配慮し、迷惑をかけないようふるまうことも必要です。実際に鉄道を撮影することを趣味としている撮り鉄たちの場合、一部のマナーの悪い人たちのせいで出入りや撮影を一切禁止されてしまったケースもあるそう。聖地巡礼者ではないですが、今後マナーを守らない人が増えれば同じようになるかもしれません。

この映画の舞台のひとつとなった飛騨地方、モデルとして取り上げられる以前から魅力あふれる場所として有名でした。豊かな自然に温泉など、観光地としても素晴らしい場所です。足を運んでみて、後悔することはないでしょう。