パワースポットin東北

日本三大霊場のひとつとされる恐山のある東北。これから全国のパワースポット巡りを計画しているカップルは、東北を見逃せませんね。今回は東北旅行で行っておきたいパワースポットをご紹介します。

「恐山」だけは絶対に外せない!(青森県)

青森県にある恐山は、日本三大霊場のひとつ。パワースポットについてそれほど知らない方でも、イタコの口寄せや、積み上げられた石に色とりどりの風車がカラカラと回る寂しげな風景を、映画などで見かけたことがあるかもしれません。
恐山は、古くから地蔵信仰で崇拝されてきた霊場です。《あの世への入口》とも呼ばれ、何となく怖いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、実際には寂しくも美しい見どころがたくさんあり、パワースポット巡りをするカップルにはぜひ足を運んでいただきたい場所のひとつです。
硫黄の匂いがたちこめる《三途の川》にかかる赤い橋を渡ると、荒涼とした岩の《地獄》らしい景色が広がります。お地蔵さまの周りでカラカラと回る風車には、独特の雰囲気があります。美しい風景を見た後は、手を合わせて拝んでいきましょう。イタコの口寄せも体験できるそうですが、かなりの人が順番を待っていますから、時間の限られた旅行では難しいかもしれません。それでも興味のある方はぜひ並んでみてください。

東北旅行の定番!「中尊寺」(岩手県)

世界遺産にも登録された中尊寺は、東北の観光地なかでも定番の人気です。もちろんパワースポットでもありますから、こちらも必ずチェックしておきたいところ。光輝く金色堂はもちろん見逃せませんが、本堂の静かなたたずまいも美しいですよ。

中にはちょっと変わったパワースポットも……

人気のパワースポットとはまた違った、不思議な味わいの名所もあります。ちょっと変わったパワースポットを楽しみたいというみなさんは、こちらもいかがでしょうか。

・空気神社(山形県)
日本で唯一の、空気をご神体とした神社です。鳥居や本殿の建物はまったく無く、ただ地面に5m四方の大きな鏡が置いてあります。鏡に映る空や森林が美しく、なんとなく空気が澄んでいるような気がしそうですね。

・仙台天道白衣大観音(宮城県)
高さ100mもある、巨大な観音像です。街中にあるこの大きな像は、まるで映画みたいなスケールの大きさ。日本中のパワースポットを巡っても、こんなに大きな観音像はなかなか見られません。

ミステリアスな鍾乳洞のパワー

神社やお寺ではありませんが、東北で有名な鍾乳洞をご紹介します。ミステリアスな鍾乳洞で、自然のパワーを感じてみませんか。

・龍泉洞(岩手県)
日本三大鍾乳洞のひとつ、龍泉洞。国の天然記念物にも指定されています。洞窟内は、5色のLED照明でライトアップされ、ミステリアスで幻想的な雰囲気。恋人と一緒に眺めたら、思わずため息をついてしまいそうな美しさです。コウモリやエビといった生きものも生息していて、豊かな自然のパワーを感じられます。

・あぶくま洞(福島県)
福島県がほこる鍾乳洞こと、あぶくま洞。地下水がしたたり落ちて形成された洞窟の天井から、長い時の流れを感じ取れます。季節によっては洞窟内でフラワーアレンジメントとイルミネーションのイベントを行っているそうです。ロマンチックな光と花にあふれる洞窟に、デートも盛り上がります。

東北のパワースポット巡りを計画しているカップルのみなさんは、ぜひ足を運んでみてください。