夫婦生活の試金石としての旅

旅行デートは、結婚相手を見極めるためのテストにもなる!? 旅の途中で垣間見える、彼/彼女のちょっとした欠点。そこも含めて愛せるなら、2人はもうすでに夫婦です。

これから結婚を考えているカップルにも、旅行デートをおすすめします。旅先では、普段の生活では見られない相手の意外な側面が覗けたりするものです。また、「夫婦生活はこうやって進めていくんだ」という感覚も、いわばプレテスト的に味わえるはずです。

役割分担で疑似夫婦!?

旅行においては、役割分担がとても大切となってきます。プランの作成と、旅先での運転係や撮影係。一般的に言えば、前者は女性向きで、後者は男性向きでしょう。「ここはこう回った方が効率的だ」「荷物は最小限で、これとこれは現地で…」などという計画は、やりくり上手な女性にお任せ。ハンドルを握ったり、記念撮影を請け負うのは、機械に強い男性の役割です。しかし、当然すべてのカップルがこれに当てはまるわけではありません。

必ずある、おマヌケなところ

『お熱いのがお好き』という映画をご覧になったことがあるでしょうか? マリリン・モンローのスカートがめくれ上がるシーンで有名な作品です。この映画のラストは、「完璧な人間なんていない」という台詞で締められます。まさに、その通りだと思いませんか?
いくら準備上手な女性も、ちょっとした忘れものをすることはあるでしょう。また、男性の中にも地図を読むのが下手な人や、運転を苦手とする人もいます。お互いのちょっとした欠点を知ることができるのも、結婚を考えているカップルにとっては有益な体験です。

「この人のこういうところは、自分が助けてあげなくちゃ…!」

旅行でのちょっとしたおマヌケな失敗は、そんな教訓も与えてくれます。

同じ屋根の下で…を体験

婚前カップルは、ぜひとも1週間程度の長い旅行に出てみてください。それだけの期間があれば、相手の大体の部分を見ることができます。同じ屋根の下で暮らす結婚生活の疑似体験ともなるでしょう。また、旅行にはトラブルがつきものです。非常事態に相手がどのように立ち回るのかも、1週間の滞在のうちに何度かは見ることができるでしょう。

旅行デートは、2人が本当に夫婦としてうまくやっていけるのかを試すチャンスともなります。欠点も含めて愛せる人かどうか、滞在中にしっかりと見極めましょう。もちろん、純粋に旅を楽しもうとする気持ちも忘れてはいけません。